The City Christ Watches Over – Rio de Janeiro, Brazil キリストが見守る街 – リオデジャネイロ, ブラジル

The City Christ Watches Over - Rio de Janeiro, Brazil
The City Christ Watches Over – Rio de Janeiro, Brazil

昨日はカーニバルの前に、リオのコルコバードの丘に行ってきた。
世界中でも有名なキリスト像が立っている丘。
どう見ても丘の上までは歩いては行けなさそうなくらいに遠くてきつそう。
なのでもちろん車で…。しかし、どう見てもキリスト像の周りだけ雲がかかっている。
こういうものの周りには神秘的な感じがよく似合うということか。

このキリスト像は、新・世界7不思議(7 Wonders)のひとつ。
他の6つ(万里の長城、ローマ・コロッセオ、タージマハル、ペトラ、マチュピチュ、チェチェンイッツァー)がかなりの古い建築物なのに対して、このコルコバードの丘のキリスト像は20世紀の1931年にできた。
この7つは世界中からネットなどの投票によって決められたので、
世界遺産とは別の枠組みで、「不思議」というよりもその時代の建築にして、
「驚くべき」技術で造られたことを意味しているそうだ。
このキリスト像は他6つの建築物と同様にどれだけすごいんだ?って思っていたけれど、
実際は高い丘の上に立つ、まあ大きなキリスト像だった。
この投票にはブラジル中の人がキリスト像に応募したとかしていないとか。
からくもキャンペーンの力。

あいにく雲が掛かってリオの街並み、美しいと言われる港が見渡せなかったけれど、
「驚くべき」ものは見えなかったけれど、
幻想的なものはそこにあったような気がする。
いつでもこの町を丘の上から見つめている像。

The City Christ Watches Over
キリストが見守る街
2011-03-07
at Rio de Janeiro, Brazil (リオデジャネイロ, ブラジル)

Go to Diary

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周後・体験談へ にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。